良いな!  研究の成果だね。   早くその薬 飲めるように成らないかな?

小脳の難病、iPS細胞使い再現 効果ある薬も特定

  小脳の異常で体がうまく動かせなくなる難病患者のiPS細胞を小脳の神経に変え、細胞レベルで病気を再現することに理化学研究所などのグループが成功した。この神経細胞を使って、効果のある薬も突き止めた。米科学誌セル・リポーツに2日発表する。

 この病気は「脊髄(せきずい)小脳変性症」で、国内に患者は約3万人いる。体の動きを調節する小脳の神経細胞が変質して減る異常が主な原因。数年から十数年で寝たきりになることもある。原因となる遺伝子は50以上見つかっているが、発症に至る仕組みはわかっておらず、根本的な治療は見つかっていない。

 理研の六車恵子・専門職研究員らは、原因遺伝子の一つに変異がある「SCA6型」の患者3人の細胞から作ったiPS細胞を元に、小脳の神経細胞を培養。細胞の成長に重要な物質を培養液から一時的に除くと、患者の脳で起きるような異常が見られ、健康な人の細胞よりストレスに弱いことがわかった。


ゆっくりやれば100回+

苦手な動きの作業の動作を100回
動かしずらいから 100回
普通の方が100回を1時間
一回でも大変な動作を繰り返し遅いスピードで100回を4時間
1回でも大変な動きを4時間ゆっくりでも4時間動かしたら

大変&へとへと

ゆっくり行っても時間が増え長時間になる分 きつさ倍増

ゆっくり動いても100回は100回+時間的体力消耗

小さな怪我の重要性

生活日常で大変な場所の怪我と仕事で大変な怪我の場所 部位 は違うと思う。
字を書く仕事の場合鉛筆等 握れない小さな傷でも4時間5時間字を書くのは大変ですよね。
他の握り方や 他の・・・・。が出来ればよいのでしょうが。
日常生活の場合困っても何とかなる。(炊事選択絶対な場合は別でしょうか)
足をけがしても座っての仕事なら事をこなせますね!
でも日常生活はそうもいきません。
はさみを日常使う仕事の場合 指先を小さく怪我しても仕事は大変でしょうが、そうでない仕事の場合たったそのくらいの怪我に思えるのでは。
 言われたその方が 歩いて移動するときに 手すりや 壁 柱 握って移動されている方の場合また違いますよね。
歩く時じゃなくても立ったり座る際にその方は怪我している箇所が必要かも。


座っての指先作業や手作業の場合背中や肩の負傷や筋肉一般には痛関係ないみたいですがそこの個所の負傷もある人には字を書く時でさえ重要な場所なんだ。
たったその位 の負傷・怪我 たったそのくらい の言葉は言われた人にはかなりの重み・重要性があると思う。 

林檎

昔 金八先生 で 腐った林檎 の話が有ったので!

あなたならどうしますか? どう考えますか?

一箱の中に一つだけ傷んだ林檎が入っていました、でもそのまま出荷したら他の林檎にも伝染し傷みます。

1 箱から取り除いて排除!
2 治療をする! (きずいたのが早かったので時間がかかり 面倒しいですが治療をする)
3 他の林檎に 我慢をさせる!
4 その他







これが 人間 で一クラスや同じ職場 だったら! 一時のしんぼう&我慢じゃ無く長期ですから、

どう考えますか

手っ取り早く簡単な 周りの人に ちょっと我慢してもらう。でしょうか! これっておかしいでしょう。


何か 意見考えを聞かせてください!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR